アコムで一括返済をする方法

Posted on

アコムを利用している時に一番大切なことは「完済すること」です。アコムから借りた金額が多くとも少なくとも、最終的に完済することが出来なければ様々なトラブルが起こってしまいます。また、その際に1日でも早く完済することも重要なポイントとなる為、もし仮に一括返済が可能な状況になった場合は早々に完済してしまうようにしましょう。

さて、アコムの完済方法についてですが、通常であれば毎月の返済金額が変動するので完済時には必要な金額が変動します。例えば、残債が1万円(利息含む)と言う状況であれば何の問題も無いのですが、1万100円と言った感じで端数(硬貨)が出てしまう場合は少々対応が変わってきます。

上記例の様な状態で完済する場合、1万1000円を返済して差額の900円は次回以降の借入れに充当するという方法にするか、窓口などの硬貨を取り扱える場所でぴったりの金額を返済する方法、銀行振り込みを利用してぴったりの金額を返済すると言った方法を選択することになります。

しかし、アコムなどは「無利息残債」と言うものを持っているため、1000円以下の残高に関してはそのままにしていても利息が発生することはありません。また、利息の発生が無くなるだけでなく、返済の必要性すらない為、そのまま放置し続けていても問題ありません。

一括返済を希望する場合、こういった方法の中から自分で希望するものを決め、アコムに手段を告知して対応します。
http://ac-shinsa.info/

モビットはスマホアプリが便利

Posted on

最近はスマートフォンが普及したことで、パソコンが苦手な人でもスマホでネットサーフィンをするかたが増えましたが、そういったことも考えてキャッシング会社も顧客獲得のためにスマホ対応の専用アプリを提供しているところもあります。

スマホ対応と言えば「アコム」やモビットでいち早くスマホ対応を取り入れたのが「アイフル」です。
携帯よりもボタン操作がしやすいスマホは、パソコンに近い感覚で利用でき、スマホからアコムの公式サイトにジャンプすると、トップ画面には、「3秒診断」「いますぐお申し込み」「店舗検索」「会員ログイン」などのボタンが設置されています。

モビットもスマホ対応でスマートフォンだけでキャッシングができます。
モビットはスマーとフォン専用のサイトが用意されているので、こちらからも申し込みできます。
スマートフォンサイトでは、「借入診断」や「返済シミュレーション」「ローン申込機設置場所検索」「三菱東京UFJ銀行・プロミスATM設置場所検索」の機能が利用でき、パソコンと同じように利用できます。

またスマホアプリの便利な機能として、スマホのカメラ機能を利用して、本人確認書類や収入証明書類などの必要書類を撮影すれば、そのまま送信できるので書類を画像保存したりコピーを取ったりするわずらわしい手間が省けます。
専用アプリは、iPhone用とAndroid用が用意されているので、iTunesおよびGoogle playから無料でダウンロードできます。

ANAマイルもたまるデビットカードがあります

Posted on

実はANAマイルもたまるデビットカードがあります。それはANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカードで、Visaデビット、ANAマイレージクラブ、それにスルガ銀行ANA支店のキャッシュカードの3つの機能が一体になったカードです。Visaのデビットカードですので、日本国内はもちろんのこと世界中のVisa加盟店で現金感覚で利用することができる上に、ANAのマイルもたまります。
その他のメリットとしては、海外のATMで自分の銀行口座から現地通貨で引き出しができること、海外旅行保険が自動付帯されていることが挙げられます。海外のATMで現地通貨で引き出しができるというのは大きなメリットです。海外旅行の際、現地通貨をどのようにして入手するかというのはいつも頭を悩ませるところですが、最近では両替をしていく代わりに、クレジットカードのキャッシング機能を利用して海外キャッシングにより現地通貨を入手する方法が広まってきています。しかし、この方法はキャッシングの一種ですので金利がかかることがネックの一つでした。しかしデビットカードの場合は自分の銀行口座から引き出すのですからキャッシングではなく、金利がかかることもありません。
ちなみに、旅行代金をこのカードで支払った場合は、海外旅行だけでなく国内旅行でも保険が付帯されます。また、クレジットカードではありませんので申し込み時に審査はありませんし、年会費も不要です。

銀行?クレカは?オリックス銀行のカードローン、年会費の支払い方法は選べるのか

Posted on

銀行系のクレジットカードやカードローンなどには、年会費が必要な場合もあり、なかには、1年間で10,000円程度の年会費を支払わなければならないカードもあるようです。しかし、オリックス銀行が取り扱っているオリックス銀行カードローンの場合は、入会金や年会費も一切不要となっていますので、とくに支払方法などについての説明の記載はされていません。さらに、業界最低水準の金利3.0%~17.8%と非常に低い金利での借り入れが可能となっていますし、借入限度額に関しても、業界最高水準の800万円を実現しています。さらに、月々の返済額も借入残高に応じて決定されるシステムで、借入残高が30万円以下の場合の際の返済額は、月7,000円からと借りる時のスペックの大きさだけでなく、返済の際のサポート体制まで、とても充実した内容となっています。また、申し込み手続きに必要な、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類や、源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などの収入証明書類は、インターネットから所定の場所に画像をアップロードするのみとなっていますし、利用限度額が300万円以下の場合には、収入証明書類の提出は不要です。カードローンを選ぶ時には、ついつい金利や借入限度額のことばかりに目が行きがちですが、カードの年間の維持費や手続きの手間、返済のしやすさなども考慮しながら選ぶようにすると、失敗が少ないでしょう。